起業支援

STARTUP CREATION

EIR-iCAP (客員起業家プログラム)

ecc-icapチャート図
ベンチャーキャピタルのメンバーとして学びながらスピンアウト起業を目指す!

大学発の研究シーズを探し、学び、起業準備活動に専念したい個人に、京都iCAPの契約社員として事業創成に取り組む機会を提供します。

募集要項を見る(採用情報)
客員起業家(EIR)とは

客員起業家(EIR:Entrepreneur in Residence)とは、
企業内に新規事業創出等のミッションをもって雇用等をされる起業経験者や起業準備を行う者を指します。

客員起業家(EIR)活用制度
客員起業家(EIR)活用制度
京都iCAPのEIR実施概要
  • ベンチャーパートナー(契約社員待遇の職員)としてiCAPに入社
  • トレーニングと起業準備期間(1年更新、最大2年)を経て独立
  • 事業内容を縛らない、起業前に持ち分を決めない、ベンチャーキャピタル従業員として投資業務をおこなう
  • EIRの人数は最大同時2名とし、少数精鋭の体制をとる
1.探索訓練期
1.探索訓練期

iCAPのキャピタリストをメンターとして、複数の創業ケースを支援します。

2.Stage Gate
2.Stage Gate

探索訓練期での起業支援活動を通して、計画策定力と実行力をiCAPが見極めます。

3.事業準備期
3.事業準備期

キャピタリストと二人三脚で、経営チームアップ、研究者との関係づくりのほか事業計画を策定します。

4.起業
4.起業

一起業家としてiCAPと投資交渉をします。投資決定後にiCAPを離職、会社登記ならびにiCAPとの投資契約を締結します。

起業や出資を保証するものではありません。

ある客員起業家(EIR)の一日
8:30
徒歩で出勤。メール確認や本日の業務の整理。 固定時間制の勤務ではないが、だいたいこれくらいの時間に出勤。
京都に越してきて勤務先が徒歩圏内になった。
9:00-10:00
大学の研究者の探索研究者訪問のリストも参考にしながら、ウェブや論文などで研究者情報をチェック。研究内容について隣席のメンバー(博士号保有)とディスカッションする。
10:00-11:00
進行中のプロジェクト会議に参加投資だけではないスタートアップ支援の方法に触れ、新たな世界を発見した。
11:00-11:30
先輩キャピタリストと1on1ミーティング業務の疑問について相談しつつ、京都の美味しいケーキ屋情報を教えてもらう。
11:30-12:30
昼休憩近隣に学生向け食堂は多いが、どうも量が多いと思うのは年のせいか。
12:30-14:30
事業化研究シーズの探索と深掘り日々探索。技術DBで情報を収集していたら、良い種を見つけたと意気込むが、マーケティングDBと突き合わせ市場サイズなどと検討した結果、利益が少なそうで悩む。また、研究者の論文を洗いざらい読むがテクニカルタームが多く苦戦。
14:30-15:30
EIR向けの社内カリキュラム(座学)を受講随時開催してもらっている。VC業務の流れを学ぶと同時に、事業計画や資本政策についてなど起業の学びでもある。
15:30-17:00
先端領域の講演をオンライン聴講国立大学の研究成果に触れる機会を極力増やすようにしている。どんな事業のタネに出会えるかワクワクしながら聴講。
17:00-17:30
ディープテックの世界トレンドについて、先輩キャピタリストと意見交換研究テーマが有名になった時点でアクセスしても、それでは投資検討するには遅いことを知る。
17:30
終業 今日は早めに店じまいして、ちょっと寄り道してお寺のライトアップを見て帰宅。
明日はテレワークの予定だ。
21:00-
就寝まで勉強タイム自己研鑽は欠かせない。今日は、シーズ探索中に躓いた、論文のテクニカルタームとその分野の最近の動向について勉強。就業時間、プライベートの時間ともに起業準備に没頭できる今の環境がとても楽しい。
実績
2024年4月

EIR1名が、京都大学工学研究科 蘆田講師の研究成果を元に新会社を設立しました

2023年2月1日 EIR1名が着任しました
2023年1月1日 EIR1名が着任しました
2022年8月10日 EIR求人説明会を実施しました
募集要項を見る(採用情報)
「船出」ストーリー

「船出」ストーリーSERIES EMBARK

支援先企業と京都iCAPの関わりについて
色々なストーリーをご紹介します。

お問い合わせCONTACT

ご相談・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム