チーム

TEAM

楠美 公

代表取締役社長

楠美 公

KO KUSUMI

(株)三井住友銀行にて、主として法人の資金調達を担当し、社債、流動化、シンジケーション等、各法人のニーズに見合ったソリューション提案型の業務を長く担当し、投資先企業の資金調達支援を得意とする。
SMBCベンチャーキャピタル(株)にて、PE部門ヘッドとしてバイアウトファンドを運営、上場企業を含む複数の投資先企業の社外取締役、常勤顧問として経営に参画。
2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)執行役員投資部長。2020年4月、代表取締役社長に就任。
慶應義塾大学法学部卒業。

河野 修己

事業企画部長・
エグゼクティブ・マネジャー

河野 修己

OSAMI KONO

化学品メーカーで研究職として勤務した後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ネットビジネスなどを経て日経バイオテク編集部に11年間、在籍した。この間、大学・研究機関、企業、省庁、規制当局などを取材し、約3000本の記事を執筆。また、「薬づくりの未来」「世界最高のバイオテク企業」「新薬創製」などの書籍出版をプロデュースした。
2016年4月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。
京都大学工学部高分子化学科卒業、筑波大学大学院経営政策科学研究科修了。

五ノ坪 良輔

エグゼクティブ・マネジャー

五ノ坪 良輔

RYOSUKE GONOTSUBO

兼松(株)の投資・事業開発支援チームのヘッドとして、幅広い分野における国内外の事業投資、M&A、ベンチャー投資等を数多く推進。事業部に伴走してビジネススキーム構築、ビジネスプラン策定、投資契約交渉等、商社における新規事業開発の総合的な支援を行う。
自らも社内ベンチャーとして電気自動車充電インフラサービスやスマホアプリ等の事業を立ち上げた経験を持つ。
2015年9月より京都大学イノベーションキャピタル㈱にて投資を担当。
京都大学法学部卒業。カーネギーメロン大学MBA。

八木 信宏

エグゼクティブ・マネジャー

八木 信宏

NOBUHIRO YAGI

協和発酵キリン(株)にて18年間、バイオ医薬品の研究開発とライセンシングを担当。産学連携によるオープンイノベーションの企画運営、知財戦略の立案、事業化検討に豊富な経験を持つ。理化学研究所客員研究員、東京大学循環器内科研究員、東邦大学薬学部客員講師、UC SanDiego博士研究員等を歴任、アカデミアでの教育研究活動にも精通している。
2016年8月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。博士(薬学)。

上野 博之

エグゼクティブ・マネジャー

上野 博之

HIROYUKI UENO

大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻にて博士号を取得した後、武田薬品工業(株)、大日本住友製薬(株)、及び外資企業・日本オルガノン(株)にて生物系研究に従事し、多様なベンチマークを学ぶ。
プラットフォーム技術の開発に加え、癌・泌尿器領域にて創薬標的と臨床候補化合物の探索を行った。
京都大学などとの共同研究を経験した後、2016年10月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。

四本 賢一

事業企画部長代理・
投資担当

四本 賢一

KENICHI YOTSUMOTO

大和企業投資(株)にて、京都大学とのiPSアカデミアジャパン(株)設立など国内外での会社・ファンド設立プロジェクトを担当したほか、複数の大学の起業家育成カリキュラムにおいて講義を行う。
2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。京都大学理学部卒業。

大林 正佳

投資担当

大林 正佳

MASAYOSHI OHBAYASHI

東洋紡(株)で用途開発と品質管理業務に従事。市場調査、研究所での試作品作製、ライセンス化、ユーザーへのノウハウ提供を行うことで、自社製品の採用・取扱量の拡大に貢献。開発品の量産化にあたり、製造・品質管理のノウハウを確立。工場では製造ラインを担当し、製造条件・品質の管理を行う。
2017年1月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。信州大学大学院繊維システム工学専攻(修士)。

橋爪 宣弥

投資担当

橋爪 宣弥

NOBUYA HASHIZUME

(株)島津製作所の研究所で14年間、主に医療機器の開発を担当。プロジェクトリーダーとして複数の新事業を企画立案し、装置開発や事業化検討、市場開拓を進めた経験を持つ。
2020年1月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。京都大学大学院人間・環境学研究科修了(修士)。