チーム

TEAM

楠美 公

代表取締役社長

楠美 公

KO KUSUMI

(株)三井住友銀行にて、主として法人の資金調達を担当し、社債、流動化、シンジケーション等、各法人のニーズに見合ったソリューション提案型の業務を長く担当し、投資先企業の資金調達支援を得意とする。
SMBCベンチャーキャピタル(株)にて、PE部門ヘッドとしてバイアウトファンドを運営、上場企業を含む複数の投資先企業の社外取締役、常勤顧問として経営に参画。
2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)執行役員投資部長。2020年4月、代表取締役社長に就任。
慶應義塾大学法学部卒業。

八木 信宏

投資第一部長

八木 信宏

NOBUHIRO YAGI

2016年8月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。 国内外において産官学の研究所に所属した広範な研究経歴を持ち、前職の大手製薬会社では学際融合によるニューモダリティ(新事業領域)の立ち上げを主導した。事業開発ライセンスの経験を有し、これまで関与した導出入契約の総額はUSD1Bを超える。ベンチャー投資においては事業領域を問わず、基礎研究の成果を基に新会社を組成する創業案件を得意とする。現在も化学や医学領域での教育研究を継続している。博士(薬学)

上野 博之

投資第二部長

上野 博之

HIROYUKI UENO

2016年10月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。 前職・製薬企業での研究開発と当社での投資活動にて約20年間の事業経験を持つ。研究開発の経験やネットワークを活かした生命科学系ベンチャーの設立・投資・ハンズオンにて、投資先企業の価値向上に貢献している。大学シーズからの投資活動に加え、医療課題を意識し、事業会社の研究成果と大学の研究成果を組み合わせたベンチャー設立や海外シーズの国内へのインバウンドを行っている。大阪大学にて博士号を取得。

河野 修己

事業企画部長・
投資部マネジャー

河野 修己

OSAMI KONO

化学品メーカーで研究職として勤務した後、日経BP社に20年間在籍。金融を皮切りに、重工業、IT、フィンテック、ヘルスケア、バイオテクノロジーなどの業界を担当し、約2000社の経営者を取材した経験を持つ。日経バイオテク編集部在籍時にはバイオベンチャーの取材に没頭し、創薬、再生医療、遺伝子治療などライフサイエンス領域の最新技術動向を追いかけていた。 2016年4月に京都iCAPに参画。長年に渡りあらゆる業界のスタートアップの成功/失敗事例を取材・分析してきた経験を、担当企業のサポートに生かしている。また、メディア対応に詳しく、PR戦略の面でも担当企業を支援している。 京都大学工学部高分子化学科卒業、筑波大学大学院経営政策科学研究科修了。

四本 賢一

事業企画部長代理・
投資担当

四本 賢一

KENICHI YOTSUMOTO

大和企業投資(株)にて、京都大学とのiPSアカデミアジャパン(株)設立など国内外での会社・ファンド設立プロジェクトを担当したほか、複数の大学の起業家育成カリキュラムにおいて講義を行う。 2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。京都大学理学部卒業。

大林 正佳

投資担当

大林 正佳

MASAYOSHI OHBAYASHI

東洋紡㈱で用途開発と品質管理業務に従事。市場調査、研究所での試作品作製、ライセンス化、ユーザーへのノウハウ提供を行うことで、自社製品の採用・取扱量の拡大に貢献。開発品の量産化にあたり、製造・品質管理のノウハウを確立。工場では製造ラインを担当し、製造条件・品質の管理を行う。 2017年1月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。材料の合成から用途開発までタッチした経験を活かしたサプライチェーン構築に強み。素材系VBの立ち上げに向けてフォローを実施している。

橋爪 宣弥

投資担当

橋爪 宣弥

NOBUYA HASHIZUME

(株)島津製作所の研究所で14年間、主に医療機器の開発を担当。プロジェクトリーダーとして複数の新事業を企画立案し、装置開発や事業化検討、市場開拓を進めた経験を持つ。 新規開発テーマを探索し、開発プロジェクトを立案・運用してきた。またマーケティングから顧客開拓まで幅広い経験がある。大学との共同研究の実績も多数あり、事業会社の視点も併せ持つ。 2020年1月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。