会社案内

COMPANY

チーム紹介 TEAM

楠美 公

代表取締役社長

楠美 公

KO KUSUMI

(株)三井住友銀行にて、主として法人の資金調達を担当し、社債、流動化、シンジケーション等、各法人のニーズに見合ったソリューション提案型の業務を長く担当し、投資先企業の資金調達支援を得意とする。
SMBCベンチャーキャピタル(株)にて、PE部門ヘッドとしてバイアウトファンドを運営、上場企業を含む複数の投資先企業の社外取締役、常勤顧問として経営に参画。
2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)執行役員投資部長。2020年4月、代表取締役社長に就任。
慶應義塾大学法学部卒業。

八木 信宏

投資第一部 部長・
事業企画部 シニア・マネジャー

八木 信宏

NOBUHIRO YAGI

2016年8月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。 国内外において産官学の研究所に所属した広範な研究経歴を持ち、前職の大手製薬会社では学際融合によるニューモダリティ(新事業領域)の立ち上げを主導した。事業開発ライセンスの経験を有し、これまで関与した導出入契約の総額はUSD1Bを超える。ベンチャー投資においては事業領域を問わず、基礎研究の成果を基に新会社を組成する創業案件を得意とする。現在も化学や医学領域での教育研究を継続している。博士(薬学)

上野 博之

投資第二部 部長・
事業企画部 シニア・マネジャー

上野 博之

HIROYUKI UENO

2016年10月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。 前職・製薬企業での研究開発と当社での投資活動にて約20年間の事業経験を持つ。研究開発の経験やネットワークを活かした生命科学系ベンチャーの設立・投資・ハンズオンにて、投資先企業の価値向上に貢献している。大学シーズからの投資活動に加え、医療課題を意識し、事業会社の研究成果と大学の研究成果を組み合わせたベンチャー設立や海外シーズの国内へのインバウンドを行っている。大阪大学にて博士号を取得。

河野 修己

事業企画部 部長・
投資部 シニア・マネジャー

河野 修己

OSAMI KONO

化学品メーカーで研究職として勤務した後、日経BP社に20年間在籍。金融を皮切りに、重工業、IT、フィンテック、ヘルスケア、バイオテクノロジーなどの業界を担当し、約2000社の経営者を取材した経験を持つ。日経バイオテク編集部在籍時にはバイオベンチャーの取材に没頭し、創薬、再生医療、遺伝子治療などライフサイエンス領域の最新技術動向を追いかけていた。 2016年4月に京都iCAPに参画。長年に渡りあらゆる業界のスタートアップの成功/失敗事例を取材・分析してきた経験を、担当企業のサポートに生かしている。また、メディア対応に詳しく、PR戦略の面でも担当企業を支援している。 京都大学工学部高分子化学科卒業、筑波大学大学院経営政策科学研究科修了。

四本 賢一

投資部 マネジャー

四本 賢一

KENICHI YOTSUMOTO

大和企業投資(株)にて、京都大学とのiPSアカデミアジャパン(株)設立など国内外での会社・ファンド設立プロジェクトを担当したほか、複数の大学の起業家育成カリキュラムにおいて講義を行う。 2014年12月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。京都大学理学部卒業。

大林 正佳

投資部

大林 正佳

MASAYOSHI OHBAYASHI

信州大学工学系研究科を修了後、東洋紡(株)で用途開発と品質管理業務に従事。市場調査、ライセンス化、ノウハウ提供などを行うことで、自社製品の採用・取扱量の拡大に貢献。開発品の量産化にあたり、製造・品質管理の工程を確立。工場では製造ラインを担当し、製造条件・品質の管理を行う。 2017年1月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて主に素材系の投資を担当。

篠原 昌宏

投資部 マネジャー

篠原 昌宏

MASAHIRO SHINOHARA

京都大学農学研究科を修了後、帝人(株)で素材の開発営業として、国内外の新規顧客獲得や、新規生産ラインへの投資検討を経験。その後、アーサー・ディ・リトル・ジャパン(株)で、化学・ヘルスケア業界の企業や官公庁・投資ファンドに対し、事業戦略検討・新規事業開発・ビジネスデューデリジェンス・市場調査等のコンサルティングサービス提供に従事。技術成果の商用化における多様な経験を有する。2021年4月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。
森田 諭

投資部 マネジャー

森田 諭

SATORU MORITA

大阪大学工学研究科において半導体工学の博士号を取得。2005年から(株)島津製作所にて医用X線装置の半導体変換膜の研究を担当。その後、プリンテッドエレクトロニクス、MEMS技術等を用いた新デバイスの研究、開発を経て、2018年10月より内閣府へ出向。内閣府では産学官におけるオープンイノベーション推進やスタートアップ支援施策の業務に従事。2020年10月の帰任後は出向時の人脈を活用し、スタートアップ等との社外連携を推進。2022年10月より京都大学イノベーションキャピタル(株)に出向し投資を担当。

細山 貴嶺

客員起業家(EIR)

細山 貴嶺

TAKANE HOSOYAMA

1歳から芸能活動をはじめ、『世界一受けたい授業』などのバラエティー番組に出演したほか、いじめ問題に関する執筆・講演活動を行った(主な著書に『デブ、死ね、臭い!を乗り越えて』がある)。慶應義塾大学法学部卒業後の2017年にゴールドマン・サックス証券(株)に新卒入社。オペレーションズ部門にて日本国債及び社債の決済業務、並びにデータ分析ソフトウェアを使用した業務効率化プロジェクトに従事。その後、資産運用会社に転職し、クレジット・アナリストとして食品と建設セクターのリサーチ業務を経験。幼少期から猫、あひる、猿など数多くの動物を飼養した経験を踏まえ、「動物と人間にとってサステナブルな社会を実現したい」との想いから、EIRに応募。現在は、動物のQOL向上や地球環境の保全に資する事業の起業を目指している。CFA協会認定証券アナリスト。2023年1月、京都大学イノベーションキャピタル(株)にEIR(客員起業家)として入社。

間澤  敦

客員起業家(EIR)

間澤 敦

ATSUSHI ALEX MAZAWA

三菱商事(株)にて金属資源の貿易・市場開拓・事業撤退を経験の後、2019年からは同社のコーポレートベンチャーキャピタルにて資源・エネルギー領域におけるスタートアップ案件の精査・投資実行・成長支援を担う。
米・NASDAQ上場スタートアップ他、業界を牽引する国内外のユニコーン企業や著名VC等との協業経験を持ち、グローバル市場で勝つための考え方を組織の内側から学ぶ。自身の経験や人脈を最大限に活かし、日本から世界を狙うスタートアップを生み出したいとの想いから、2023年2月より京都大学イノベーションキャピタル(株)に客員起業家(EIR)として参画。
早稲田大学政治経済学部卒業。米国帰国子女。

大谷 彰悟

投資部 マネジャー

大谷 彰悟

Shogo Otani

東北大学大学院にて工学研究科・建築学を修了後、丸紅(株)に入社。入社以来電力業界に携わり合計3か国への駐在を経験。インドネシアにて大規模発電所案件の受注、プロジェクトマネジメントに従事。その後、マレーシアにて主に発電所の運転・保守を行う投資先企業のCEO、ジャマイカではジャマイカ最大の電力会社の取締役を経験し、様々な規模の会社経営に携わる。自身の海外でのビジネス経験を活かし、日本の素晴らしい研究や技術をビジネスとつなげイノベーションを生み出すべく、2023年4月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。

横尾 浩司

投資部 マネジャー

横尾 浩司

KOJI YOKOO

熊本大学大学院薬学教育部にて薬学の博士号を取得。2009年からアステラス製薬(株)にて創薬業務に従事。薬物動態学及びDrug Delivery Systemの専門性を有し、免疫、がん、感染症等の領域で低分子、ペプチド、抗体、バクテリオファージ等といった多岐にわたるモダリティでの創薬経験を持つ。新事業領域の立ち上げを提案し、アカデミアとの共同研究及びスタートアップへの投資をリード。2023年6月より京都大学イノベーションキャピタル(株)に出向し投資を担当。

辻村 剛志

投資部 マネジャー

辻村 剛志

TSUYOSHI TSUJIMURA

前職の大手製薬会社において、15年以上にわたる創薬研究の経験を積み、国内外のアカデミア、ベンチャーキャピタル、そしてベンチャー企業との共同研究を主導した。特に、代謝性疾患、精神疾患、神経変性疾患、および遺伝性希少疾患の研究開発を得意とする。

また、前職では海外子会社の統廃合を米国から主導し、主にグローバル人事制度の導入や子会社の人事制度設計に従事した経験も有する。2023年9月からは、これまでの研究開発経験とオープンイノベーションの知識を活かし、京都大学イノベーションキャピタル(株)にて投資を担当。薬学博士 経営学修士。

菅野  流飛

投資部 マネジャー
Acceleration Lead

菅野 流飛

RYUHI KANNO

連続起業家。東京工業大学にてライフサイエンス分野の研究に従事した後、ベンチャー企業と大手企業を渡り歩き事業開発・事業部長などを歴任。高専生向けのキャリア教育を推進する(株)高専キャリア教育研究所を創設し、数千名の高専生/高専卒業生のキャリア開発を推進。売却先となった東京工業大学関連ベンチャーキャピタルにて新ファンド組成に携わり、ライフサイエンス分野の投資実行を複数リード。日本のスタートアップシーンを起業家・投資家双方の視点で経験した結果、「合理的に勝てるスタートアップの立ち上げ手法」が圧倒的に欠けていることに気づき、アクセラレータとして起業家へのメンター活動を開始。2023年9月より京都大学イノベーションキャピタル(株)にてアクセラレーションリードを担当。

お問い合わせCONTACT

ご相談・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム