京都大学イノベーションキャピタル株式会社

投資先支援〜Hands-on Support〜

見つけ、丁寧に育てる。

投資先支援

京都大学と緊密に連携して、基礎研究から事業化までシームレスに支援します。
また、京大認定ファンドをはじめとする民間ファンドと協調・補完して、
京都大学発VBの支援を行うエコシステムを構築します。

投資(候補)先に対しては、経営の安定化、企業価値向上のため、
以下のような支援を積極的に行います。

投資先支援

CASE.1京都大学の研究成果(特に知財)を基に設立するベンチャーへの投資

京都大学の研究成果(特に知財)を基に設立するベンチャーへの投資

研究者単独または研究者と起業家により、京都大学の研究成果を基にしたベンチャーの立ち上げを進めるケース。京都iCAPでは、会社設立の相談、経営人材の探索、事業計画・資本政策等の作成支援等を経て、会社設立後に出資を行います。その際、社外取締役の派遣、民間VC紹介によるファイナンス支援等を行います。

CASE.2京都大学と企業の共同研究成果を基に設立するベンチャーへの投資

京都大学と企業の共同研究成果を基に設立するベンチャーへの投資

京都大学と企業による共同研究を基にしたベンチャーの立ち上げを進めるケース。京都iCAPでは、ベンチャー設立の相談、事業計画・資本政策の作成支援等を行った上で、企業とのジョイント・ベンチャー等の形態で出資を行います。その際、社外取締役派遣による経営支援や民間VC紹介によるファイナンス支援等を行います。

CASE.3京都大学の研究成果とベンチャー・起業家マッチングして行う投資

京都大学の研究成果とベンチャー・起業家マッチングして行う投資

技術課題を有するベンチャー企業に対し、京都大学の研究成果をマッチングして、京大の知を活用するベンチャーに出資を行うケース。研究成果の活用が、ベンチャー企業の成長を促進すること、それにより新たな社会的価値の創出が期待できること、また活用事例が学術研究の進展に資するものであること、等を判断の上、出資を行います。その際、社外取締役の派遣、民間VC紹介によるファイナンス支援等を行います。